XLUXES プロケアビヨンド

ファンデーションテクニック

ファンデーションの組み合わせ次第で肌の質感が自由自在に

ベルベット肌 イメージサムネイル
ベルベット肌
上質でマットな仕上がり
シフォン肌 イメージサムネイル
シフォン肌
自然で柔らかいハーフマット
ピュア肌 イメージサムネイル
ピュア肌
自然で若々しく、ツヤ感のある
仕上がり
パール肌 イメージサムネイル
パール肌
ゴージャスで美しいツヤと
輝きのある仕上がり

メイクアップベース&パウダリーファンデーションで上質マットなベルベット肌へ

  • メイクアップベース
  • パウダリーファンデーション
ベルベット肌イメージ

メイクアップベースは均一にのばします。
まぶたのキワは避けて、目の周りやくすみやすい部分は多めに塗りましょう。
オーラ肌を演出するXLUXESプロケアビヨンドの「メイクアップ成分」が、気になるくすみを抑えてくれます!

パウダリーファンデーションは2色使いがおすすめです。
今回はライトピンクとナチュラルオークルを使用。
明るめの2色を使うことで、ふわっと柔らかい印象でありながら血色のよいキュートさも持ち合わせた明るい肌に仕上げることができます。

ポイントは、パウダリーは均一にのせないようにしましょう。
粉っぽく、のっぺりした印象を防ぐには、部位によってのせる量を変えることが大切です。

ここでは「ライトピンク」「ナチュラルオークル」を使用していますが、ご自身の肌色に合わせ「ライトオークル」を使用しても美しく仕上がります。

パール肌
シフォン肌

セラムファンデーション&フェイスパウダーでハーフマットなシフォン肌へ

  • セラムファンデーション
  • フェイスパウダー
シフォン肌イメージ

ピュア肌と同じようにセラムファンデーションをのばしてから、フェイスパウダーをのせます。
フェイスパウダーも2色使いをした方が、自然な立体感をより際立たせることができます。

ポイントは、フェイスパウダーをつけすぎないこと!
パフにパウダーをとる時、必ず余分な粉を落としましょう。

まず、目の下にアイボリーを置き、顔の内側から外側へ向かって馴染ませてからTゾーンを抑えましょう。
その後、新しいフェイスパウダー用パフを用意して、フェイスラインぎわにナチュラルをつけると、立体感が出て表情豊かに!

ここでは「ライトピンク」「ナチュラルオークル」「ミディアムベージュ」を使用していますが、ご自身の肌色に合わせ「ライトオークル」を使用しても美しく仕上がります。

セラムファンデーションは3色使いをしましょう! ライトピンク ナチュラルオークル ミディアムベージュ
ベルベット肌
ピュア肌

セラムファンデーションだけでツヤのあるピュア肌へ

  • セラムファンデーション
ピュア肌イメージ

セラムファンデーションは3色使いがおすすめです。

3色を使って顔の陰影をつくることにより、
他のアイテムを足さずに、素肌のようで素肌でない、
みずみずしい印象に仕上げることができます。

ポイントは明るい色(ライトピンク)からのばしていくこと。

極力3色が肌の上で混ざらないようにグラデーションを出して仕上げてください。立体感のある美しい肌を演出できます!

ここでは「ライトピンク」「ナチュラルオークル」「ミディアムベージュ」を使用していますが、ご自身の肌色に合わせ「ライトオークル」を使用しても美しく仕上がります。

セラムファンデーションは3色使いをしましょう! ライトピンク ナチュラルオークル ミディアムベージュ
シフォン肌
パール肌

メイクアップベース&セラムファンデーションでツヤと輝きに満ちたパール肌へ

  • メイクアップベース
  • セラムファンデーション
パール肌イメージ

まず、メイクアップベースを均一にのばします。
その後、セラムファンデーション2色使いで立体感を出します。

ポイントは、セラムファンデーションを塗った後、さらにメイクアップベースをCゾーン(目の周り)に重ね付け。
Tゾーンはテカらせずに、Cゾーンに光が集中!

メイクアップベースを重ね付けすることで、輝く肌を生み出す各パウダー成分の効果が倍増します!

ここでは「ライトピンク」「ミディアムベージュ」を使用していますが、ご自身の肌色に合わせ「ライトオークル」「ナチュラルオークル」を使用しても美しく仕上がります。

ピュア肌
ベルベット肌